プラセンタを解明する

現在ではさまざまな化粧品メーカーで研究や開発が進み、応用されているのをはじめ、医療用プラセンタの美容外科での利用も行われるようになってきました。

サイトトップ > プラセンタの利用

スポンサードリンク

プラセンタを解明する

プラセンタの利用


今、美肌効果があると注目を集めているものに、「プラセンタ」があります。化粧品に配合されたり、サプリメントや注射などで摂取したり、またはエステで使用されたりと、美容業界ではいろいろな方面で活用されています。


プラセンタは、1930年代にソビエト連邦のフィラトフ博士による組織療法を発見したことから注目され始めました。 その後も、プラセンタの持つ、組織を再生させる効果の高さから、医療目的の研究・開発が行われていました。


日本では、第二次世界大戦の末期に、極度の栄養不足による妊産婦の母乳の分泌不足や、新生児の死亡率増加の対策として、プラセンタを利用した特殊栄養剤の開発・研究がなされました。 その後、更年期障害の治療薬や、肝硬変の治療薬として研究開発の後、認可されたことに続き、胃潰瘍の治療薬としても認可されています。


このように、本来のあるべき状態へ戻そうとする、プラセンタの体内における調整作用が、医療用医薬品や一般医薬品に広く利用されるのに伴い、自然治癒力を高める「自然薬」としても注目を浴びるようになりました。 プラセンタ・エキスを注射したり、プラセンタ組織を皮下組織に埋め込むことで、治療を行うというものです。


同時に、肌の若返りや老化防止といった美容への効果としての注目も集まるようになりました。 現在ではさまざまな化粧品メーカーで研究や開発が進み、応用されているのをはじめ、医療用プラセンタの美容外科での利用も行われるようになってきました。


プラセンタを解明する

MENU



スポンサードリンク