プラセンタを解明する



プラセンタとは

 

 

プラセンタは、「胎盤」を意味する英語で、「Placenta」と表記されます。その語源は、古代ローマ人が主食のパンのかわりに食べていた、プラセンタといわれる丸い菓子のような食べ物が、胎盤に似ていたことによるといわれています。

 

 

ご存じのように、胎盤とは、女性が妊娠したときに、胎児と母体とをつなぐために子宮内に形成される器官です。
人間の女性に限らず、すべての哺乳類のメスは、母親のお腹のなかで胎児を育むために、妊娠すると子宮内に胎盤を形成します。

 

 

妊娠と同時に作られる胎盤は、妊娠中に胎児を保護するという働きだけでなく、臍帯(へその緒)を通して母体と胎児の間の代謝物質やガスの交換という働きもしています。
胎児からは二酸化炭素や排泄物などを受け取り、母体の血液中へと送られることで処理されます。
母体側からは栄養分や酸素の補給という働きのほかに、免疫や、胎児の細胞の分裂に不可欠な「成長因子」を作り出して胎児に送るという働きもしています。
このように、子宮内の胎児にとって胎盤は、まさに生命の源というわけです。

 

 

医療や美容に用いられている「プラセンタ」は、もちろん「胎盤」そのままのことを指しているのではありません。
胎児の生命の維持に欠かせない栄養分や成長因子といった成分を、胎盤から抽出したエキスの事を指しています。
そのため、プラセンタ抽出物やプラセンタ抽出液と呼ばれることが多く、プラセンタ・エキス、プラセンタ・エッセンス、プラセンタ・エクストラも同様です。